ラスベガスカジノ ドレスコードに荘厳なイメージ

今のアメリカには、ラスベガスカジノ ドレスコード的なものはありません。というのは自分が現地へ行き、体験したから間違いねーぜ。

昔はあれだけ派手に感じられた場所だけど、今はすっかりイメチェン完了済み。

ラスベガスカジノ ドレスコードよりも、普段着の観光客が圧倒的に多いから、自然の流れだね。

自分もこうした事は既に承知済み、半ズボンに半袖というあり得ない服装で訪問も、特に問題にされません。

周囲に対して浮くとゆう事もなく、違和感を感じるような事もありませんでしたから、恐らくどんな時間帯に行こうが、同じような感じだと思います。

ラスベガスカジノ ドレスコードで勝てるわけじゃなく、どんな格好でも構わないのは分かりますよ。

昔のイメージがある為、荘厳なイメージをキープして欲しかったという気持ちはあるけど、ラスベガスカジノ ドレスコードを考えないでも行けるのは有難い。

実際にはこちらの方が、良かったと言えるんだろうね。やや物足りないけど。